フットサルのポジションとは?

1チーム5人のプレーヤーで戦うフットサルの各ポジションには、これまたサッカーと近い部分もあり。
ですがサッカーに比べ人数が少なくピッチエリアが狭いフットサルでは、それぞれがになう役割がサッカーとは少々異なってきます。
そんなフットサルにおけるプレーヤーのポジションをご紹介しましょう。

・ゴレイロ(GoleiRo)
サッカーのポジションでいえば「ゴールキーパー(GK、Goalkeeper)」のようなものにあたります。
ゴールに飛び込んでくるボールを防いだり、時にはゴールを離れての動きが必要となることもあります。
またスローイングに関する正確性なども求められるという側面もあります。

・フィクソ(Fixo)
サッカーのポジションでいえば「ディフェンダー(DF、Defender)」のようなものにあたります。
ゴールの近くで相手チームの攻撃を防ぐほか、自分のチームの攻撃時にはパス回しなどをコントロールしたり指示を出したりなどの役割をになうこともあります。

・アラ(Ala)
サッカーのポジションでいえば「ミッドフィルダー(MF、Midfielder)」のようなものにあたります。
通常は、5人中2人がこのポジションを担当します。
ボールの動きやゲーム状況に合わせて、攻撃と守備を切り替えながらピッチを駆けまわっていくことが多いことから、一番スタミナが求められるポジションでもあります。

・ピヴォ(Pivo)
サッカーのポジションでいえば「フォワード(MF、Forward)」のようなものにあたります。
最も相手チームのゴールに近い場所に陣取り、タイミングを見ながらシュートを打って得点を狙うのが主な役割です。
またゲーム状況によっては、キープしたボールをアラなどの味方へと回してシュートを打ってもらえるようにするなど、得点へと持ち込むための補佐的な役割をになうことにもなるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です