フットサルの戦略性とインテリジェンス

当然のことながら、優れた技術やパフォーマンスをすることができる選手に、ボールを集めることで得点を生み出すというような作戦があるのもフットサルの特徴であり、最近でもサッカーを引退した選手が、フットサルを行って技術をアピールするなどというような展開もしばしば見られますが、基本的にサッカーと同様にチームプレーが求められているというのもフットサルの一つ特徴であるという風に言っていいかもしれません。ただ、10人全員が連携しなければ、開いて10人見ながらゲームを展開することは難しいというふうに言えるわけです。相手の意表を突いたり、相手を抜き去ったりするためには、一人では何もすることができず、連携プレーを行った上でうまくプレイすることが止められているわけです。相手からボールを奪い取って、パスを出して、ゴールを目指していく過程にはチーム一丸となって戦わなければならない場面も多く、安定して得点を奪い続けるためには10人全員で作戦を考える必要があり、フットサルをプレーしている10人のうち全員が非常に重要な役割を果たすことになるのがフットサルの大きな魅力であると言っていいかもしれません。フットサルはしばしばコンタクトスポーツである、などという風に言われることも多いですが、狭いスペースの中や、コートの中で動くことになるため、加速をつけることができないため、サッカーなどのように大きな怪我などは基本的には起こりにくいなどという風に言えることもあるようです。当然のことながら、怪我などもしないわけではないですがサッカーと比べればパワーやスピードよりもテクニックが求められていたり、どのような作戦でいくかというインテリジェンスが求められていると言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です