フットサルのボールについて

狙った方向に、ボールを蹴るということがフットサルにおいては何よりも重要であるということを考えると、とにかく細かい技術の向上が、フットサルには重要であるという一点にたどり着くのではないでしょうか。きーぷする場合にはなるべくかかとやつま先などに当てるのではなく、土踏まずでしっかりとボールを蹴り込むことが重要です、かかとやつま先なのに当たってしまう場合には弾まないボールであるということも相まって、思わぬ方向に飛んでしまったり、ボールが浮いてしまったりするようなこともあるので、注意することが重要であるという風に言えるでしょう。始めのうちは、ちょっとゆっくりでも良いわけで、焦らずにきちんとボールの中心部分に土踏まずが当たっていることを確認してから、シュートをしたり、切り込んでいくことがポイントだと言えるでしょう。おすすめの練習方法としてあげられるのは、靴を脱いだ状態でボールを蹴ってみたりすると、きちんと土踏まずにボールが当たっているかどうかが確認しやすい、という点も魅力的だと言えそうです。ボールが、きちんと土踏まずにあたっている場合などでは、いい音がするのはもちろんのこと自分自身が理想とするところへボールを運ぶことができる確率が高くなるため、このような点をポイントにして練習をしてみるといいかもしれません。もちろん、このような練習はフットサル場でするだけではなく家などでもすることができるため、実践してみるといいかもしれません。フットサルではとにかく繰り返し繰り返し間隔練習をして技術を磨いていくことが重要であるという風に考えていい、という風に言い切ってしまってもいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です