守備のアレンジバージョン

ディフェンスでは、「マンツーマン」、「ゾーン」の基本をアレンジしたパターンがいくつかあります。一つは、対戦相手が即席チームで、コートが小さいワンデイ大会では、前からのプレスが効果があります。相手が面食らったところで先制点を取れれば、その試合を優位に運ぶことができます。前からのプレスをかけるときの基準となるのが、ボールにプレスがかかっているかどうか。ボールにプレスがかかっているときは、一人ひとりが自分のマークをつかまえてパスコースを.消します。ただ、リスター卜のようにポールにプレスがかかっていない状態だと、キッカーの選手にフリーで蹴らせてしまうので、人についているのは得策ではありません。これはインプレー中でも同じようにいえます。「ボールへのプレスの有無でマークのつき方を変える」。これをチーム内の約束事にしておくだけで、勝利の確率がグッと上がるはずです。二つ目が、ハーフラインからゾーンで守るやり方。初心者のチームや、ミックス(男女混合)チームにおすすめです。このやり方で、「ハーフから」という明確なラインがあるので、どんな人でもわかりやすいこと。一度ハーフラインまで引いて、そこからディフェンスを開始するという約束事があるだけで、守備は劇的にまとまります。体力的にも消耗が少ないので、運動量の少ないチームにはうってつけ。フットサルでは、守備側はマークする選手がゴールを結んだ位置に立つのが鉄則ですが、ハーフで守るときはこれが非常に大事になります。フットサルは、サッカーに例えるならば常にペナルティーエリア近辺の攻防が行われるようなもの。引いて守ってスペースを消したつもりでも、ちょっとでもコースが空いたらシュートを打たれてしまうので、常にコースを消すことを意識しましょう。三つ目が、明らかに格上の相手と大会で当たってしまったときは、徹底的に守備ラインを引くのも勝つための選択肢の一つです。自陣に閉じこもって相手の攻撃を耐える姿はちょっとかっこ悪いですが、結果が全てのワンデイ大会では気にしていられません。このパターンの最大の目的は、個人技のある相手に発揮するスペースを与えないこと。広いスペースの1対1になれば、技術のある選手が有利になりますが、自障の低い位置で守りを固めれば、選手間の距離が近くなるので1人がかわされてもすぐに2人目が対応できます。焦った相手がドリブルで強引に突っかけてきたり、シュートの精度が悪くなってきたりしたら狙い通りです。先頭の選手のラインは第2PKスポットぐらい。両サイドのアラは中にかなり絞ってゴール前を5人の選手でガッチリと固めます。先頭の選手がラインを下げ過ぎずにアプローチにいけるかがこのパターンの大事なポイン卜です。