サッカーとフットサルの考え方の違い

フットサルはサッカーと同じでしょう、という風にいう人も多いかもしれませんが、実はよく見てみるとまったく別のスポーツであるという風に言ってもいい位に異なっている点が多いというふうに考えられているわけです。サッカーは非常に広いグラウンドを持っていて、その中で11人が動き会うことでゲームが展開される訳ですが、フットサルの場合にはとにかく狭いコートの中で動くことになる為、サッカーをするような感覚でフットサルを行うと、ピッチの速さや展開のめまぐるしさに追いつけなかったりゴールやボールがより小さくなっているために戸惑うこともあるかもしれません。サッカーの経験者であっても必ずしもフットサルが上手になったりプロ並みの技術でプレーすることができたりするとは限らないという風に言われたりするのも、このような点が原因であるという風に言えるでしょう。